総入れ歯の人にもインプラント

インプラントは、治療が完了してしまえば自分の歯のように快適な食生活を送ることができるおすすめの治療方法です。一本の歯から利用ができますが、総入れ歯の人にも取り外しや手入れの手間もかからず、歯があった時のような食生活に戻ることができるのでおすすめです。インプラントは、希望をしていても受けることができないケースもあります。その判断として、医師による診察や精密検査を受けることになります。検査では、たくさんのレントゲン写真を撮られることになり、こんなに必要なのか不安に感じてしまう人もいるものです。レントゲンには大きく分けて二次元と三次元の二種類があり、両方を活用されることも多いものです。三次元であれば、あらゆる角度から口の中の状態の撮影をすることができるのですが、予算的な負担も大きくコンピューター処理をするにも時間がかかってしまいます。インプラントの治療は、人工歯根を入れてからも定期的に診察を受けて歯根の状態をチェックしてもらう必要があり、それには肉眼では見えないレントゲンが必要になります。治療前と比較をするのに二次元であれば、予算的にも時間的にもメリットがあることから、おすすめの判断材料として取り入れられることになります。

↑PAGE TOP