固いものでも噛めるインプラント

インプラントは入れ歯などの治療と大きく違うのは固定する方法です。入れ歯は周りの歯に金具で固定をするという方法です。外せるようにすることができる構造なので、動くこともあれば外れてしまうこともあるのです。インプラントは歯茎にある骨に固定しますが、歯根を作ってそこに人工の歯を付けるという方法なので入れ歯と違い固定させることが目的なのです。固定されることでこれまでのは歯と同じように固いものでも噛むことができるようになります。

隣の歯に負担がないインプラント

インプラントの他の治療法と比べて良い点の一つとして、健康な歯に影響を与えずに治療することが出来るという事があります。他の治療法として、ブリッジや部分入れ歯などが挙げられますが、ブリッジの場合は、失った歯の両隣の歯を削らなければいけないこと、部分入れ歯の場合は、隣の歯にバネで固定するためそのバネによる負担があるということが挙げられます。一方でインプラントは顎の骨に直接埋め込む形になるので、別な歯に影響を与えるということがありません。

↑PAGE TOP