インプラントは無痛治療がお勧め

インプラント手術で取り付ける人工歯は、天然の歯とほぼ変わらない、自然な見た目と嚙み心地が特徴です。治療を受けるにあたって心配なのが、手術中に生じる痛みの程度です。個人差は多少ありますが、インプラント手術で生じる痛みは、親知らずの抜歯の痛みよりも軽いといわれています。それでも痛みに不安がある人にお勧めなのが、「無痛治療」と呼ばれる痛みの軽い手術です。たとえば「静脈内鎮静法」と呼ばれる無痛治療は、痛覚をマヒさせる麻酔法で、施術中は一切痛みを感じなくなります。

↑PAGE TOP