インプラントは無痛治療がお勧め

インプラント手術で取り付ける人工歯は、天然の歯とほぼ変わらない、自然な見た目と嚙み心地が特徴です。治療を受けるにあたって心配なのが、手術中に生じる痛みの程度です。個人差は多少ありますが、インプラント手術で生じる痛みは、親知らずの抜歯の痛みよりも軽いといわれています。それでも痛みに不安がある人にお勧めなのが、「無痛治療」と呼ばれる痛みの軽い手術です。たとえば「静脈内鎮静法」と呼ばれる無痛治療は、痛覚をマヒさせる麻酔法で、施術中は一切痛みを感じなくなります。

インプラント治療のメリット

インプラントは、欠損した歯を補うことができ、天然歯のように顎の骨に固定することで、違和感なく食事や会話を楽しめます。もちろんずれる心配などもありません。天然歯に近い機能性を求めることもできるため、咀嚼も容易に行えます。インプラント治療によって快適な生活を取り戻すことができます。歯ブラシで他の歯と一緒に磨いて、いい状態を保つこともでき、定期的に歯科医院でのメンテナンスを受けることで長持ちさせることも可能です。

↑PAGE TOP