インプラントに先立つ事前手術

インプラントというのは、虫歯やケガなどで失った歯のかわりに、金属製の土台となるパーツをあごに埋め込む手術をして、そこに人工歯を据えるといった技法となります。しかし、場合によってはあごの骨が弱かったり、厚みが足りていなかったりして、このような手術には向かない人というのも存在します。こうした場合ですが、インプラントの実際の手術に先立つ補助的な手術として、あごの骨に人工の骨を付け足す手術などが行われることもあります。

インプラントのメリット

インプラントは、主にチタン製でできた人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。差し歯とは異なり、初めから歯がない状態でも根元からしっかりと固定することができます。インプラント治療には土台となるあごの骨が必要ですが、最近では加齢によるものや生まれつきなど、骨の少ない方の治療も可能になっています。また、総入れ歯の方についても、片あご分の人工歯を少ない人工歯根で支える治療法があり、経済的な負担を抑えることができます。

↑PAGE TOP