インプラントの術前検査

インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込む外科手術で、安全に手術を行うためには、手術前の検査がとても大切です。その検査方法のひとつにレントゲン撮影があります。手術前に行われるレントゲン撮影には、パノラマ、デンタル、CTの3種類があり、それぞれ撮影できる内容に違いがあります。パノラマで把握できる内容は鼻から下あごまでの大まかな全体像です。平面画像で、歪みが伴うため、インプラント手術の際に必要な情報である、歯の実際の位置や形、神経の位置や骨の厚みなどを詳細に把握することはできません。インプラント手術前のレントゲン撮影にはデンタルと呼ばれる装置が使われることもあります。これは2、3本の歯とその周辺組織を詳しく把握することができるものです。パノラマよりも詳しく確認する必要がある場合に用いられる撮影方法です。インプラント治療で必要な情報の内容をすべて把握するのに役立つのがCTです。CTでは、口全体の状態を、立体画像であらゆる角度から審査することができ、コンピュータで解析することで、骨の厚み、神経や血管の走行位置を確認することもできます。現在のインプラント治療では、まずはパノラマかデンタルのどちらかでおおまかな状態を確認してからCTで精密検査するという流れが一般的です。しかし、状態によってはすべての撮影が必要になる場合もあるので、担当医とよく相談するようにしましょう。

↑PAGE TOP